/

この記事は会員限定です

戦後初の雇用減で所得格差拡大 さらなる分断呼ぶ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に直面したトランプ氏は、戦後初めて任期中に雇用を減らした大統領となった。雇用減は飲食業など所得の高くない層に集中。米国の分断を加速させ、トランプ氏が大統領選に敗北してもなお米国に「トランプ主義」が色濃く残る要因となっている。

SMBC日興証券によると、トランプ大統領時代の雇用者数(非農業部門)は2017年1月の政権発足時に比べて、任期中の月当たり平均...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン