/

この記事は会員限定です

TPP、参加拡大の動きに意義 梅本和義氏

国際交流基金理事長 

[有料会員限定]

環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加11カ国が東京で首席交渉官会合を開き、事実上妥結してから約3年がたった。私は日本の交渉官として、協定文の最終確定に立ち会った。2017年1月、米国のトランプ前大統領が大統領令でTPP離脱を決めてから、わずか1年後の妥結だった。

自国第一主義や保護主義的な動きが世界にくすぶるなかで、TPPの果たす役割は大きい。一部の国は、グローバル化や自由貿易が自国の雇用を奪...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り982文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン