/

この記事は会員限定です

韓国大統領選、中傷合戦早くも過熱 かすむ政策論争

ソウル支局長 鈴木壮太郎

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

2022年3月の韓国大統領選の候補者を決める与野党の予備選が本格化するなか、候補間の中傷合戦が早くも過熱している。集中砲火を浴びるのは支持率首位を争う革新与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事と、尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長だ。現地報道ではスキャンダルが連日のように報じられ、政策論争はかすんでいる。

有力候補に集中砲火

李在明氏を巡って急浮上しているのがソウル近郊にある城南市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1972文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン