/

メーガン英妃、第2子妊娠 近影も公開 性別明かさず

14日に公開されたヘンリー英王子と妻メーガン妃の写真(英PA通信=共同)

【ロンドン=共同】英メディアは14日、昨年3月に英王室の公務を引退したヘンリー王子(36)の妻、メーガン妃(39)が第2子を妊娠したと伝えた。王子夫妻の広報担当者が明らかにしたという。性別は不明。

広報担当者は、王子夫妻の長男アーチーちゃんが「お兄ちゃんになる」とし、第2子の妊娠を夫妻が「とても喜んでいる」と説明。幸せいっぱいの様子で、笑顔で見つめ合う王子夫妻の白黒写真も公開された。

王室報道官は、エリザベス女王(94)夫妻をはじめ王室全員がメーガン妃の妊娠を喜んでおり、夫妻の健康を祈っていると語った。

王子夫妻は2018年に結婚、19年5月にアーチーちゃんが誕生した。王子は昨年1月、財政的独立を目指す意向を突如表明。祖母のエリザベス女王らと協議の末、3月末に公務から退いた。王子一家は生活拠点を英国からカナダに移し、その後、メーガン妃の出身地の米国に移住した。

同妃は昨年11月、同7月に流産を経験し「耐えがたいほどの悲しみ」を味わったと米紙への寄稿で明かした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン