/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]テスラ、中国当局の介入に懸念

[有料会員限定]
Financial Times

米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の中国での夢が予想より早く現実になった。テスラは現在、中国でのEV販売の約20%を占め、2020年11月の販売台数は2万1000台を上回った。テスラが現地生産の主力小型車「モデル3」を初めて納車したのは1年余り前のことだ。規模が拡大すればコストは低下するが、規制当局による介入のリスクは高まる。

今のところ関係は良好だ。国営メデ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1266文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン