/

日本に対話呼びかけ 韓国大統領が「光復節」演説

(更新)

【ソウル=恩地洋介】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日午前、日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の式典で演説した。歴史問題で悪化した日韓関係を巡り「両国の懸案はもちろん、新型コロナウイルスや気候危機などの脅威に共同で対応する対話の扉を常に開いている」と述べ、対話による解決を訴えた。

日韓両政府の間では、日本企業の資産が現金化される恐れのある元徴用工訴訟や、日本政府への賠償命令が確定した元慰安婦訴訟が最大の懸案となっている。

文氏は歴史問題について「国際社会の普遍的な価値と基準に沿う行動と実践で解決していく」と述べるにとどめ、具体的な解決策には言及しなかった。「韓日両国が知恵を集め困難を共に克服し、隣国としてふさわしい協力の模範を示せることを期待する」とも語った。

文氏はかねて日本側に菅義偉首相との首脳会談を要請し、東京五輪の開会式に合わせた日本訪問も検討した。演説では「韓日両国は国交正常化以降、民主主義と市場経済という共通の価値を基盤に経済成長をなし遂げた。これからも両国が共に進むべき方向だ」と強調するなど、日本との関係改善への期待に力点を置いた。

文氏は北朝鮮にも対話を呼びかけた。南北が共存して朝鮮半島の非核化と恒久的な平和を実現することが「北東アジア全体の繁栄に寄与する」と語った。

文氏は演説会場に、日本統治時代の1925年に建てられたソウル駅の旧駅舎を選んだ。独立の精神と発展をなし遂げた近現代の歴史を象徴する場所だという。旧駅舎は2011年に復元された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン