/

この記事は会員限定です

中国探査機、火星に着陸成功 旧ソ連・米に続き3カ国目

[有料会員限定]

【重慶=多部田俊輔】中国の無人探査機が15日、火星への着陸に成功した。国営新華社など中国メディアが一斉に伝えた。火星探査機の着陸は、旧ソ連、米国に続き3カ国目。表面の探査が実現すれば、米国に続いて2カ国目となる。米中対立が続くなか、中国は軍事技術と密接につながった宇宙開発を推進し、米国と対抗できる「宇宙強国」をめざす。

2020年7月に打ち上げた火星探査機「天問1号」で探査車「祝融」を積んだ一部が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン