/

この記事は会員限定です

[FT]大手ITのネット広告はどうして的外れなのか?

個人情報に基づくユーザー分析の精度は眉唾物

[有料会員限定]
Financial Times

筆者がインターネットで何かを見るたびに「グラマリー」なる広告に付きまとわれてかれこれ1年になる。ウクライナに本拠を置くこのスペルチェックアプリ開発ベンチャーは、英語で簡単な文章を書くのに困っている人を助けるという。その広告を50回も見せられた日には、ターゲット広告というより、アルゴリズムを使った「トロール」(ネット上の嫌がらせ)のような気がしてくる。

個人に向けられたターゲット広告は、問題含みなが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン