/

この記事は会員限定です

シンガポール、食品テック集結 政府が開発・製販支援

人工肉や代替卵など

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】シンガポールが最新技術を活用する「食品テック」企業の集積地として台頭している。政府が研究開発から生産・販売まで一貫支援し、培養肉などの人工食品を開発する新興企業の進出を促している。人工食品は自給率向上や環境への負荷低減も期待され、シンガポールは同分野でアジアのハブを目指す。

「シンガポールは消費市場として魅力的なだけでなく、世界の中で最も都市型農業の環境整備が進んだ国だ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1495文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン