/

この記事は会員限定です

韓国、福島原発処理水「放出阻止」へ必死 日本提訴も

ソウル支局長 鈴木壮太郎

[有料会員限定]

日本政府が東京電力福島第1原子力発電所の汚染水を浄化した「処理水」を海洋放出する方針を決めたことに韓国が猛反発している。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、国際海洋法裁判所への提訴を検討するよう指示した。科学的根拠に乏しい強硬対応の背景には、政府が何もしてこなかったとの批判をかわす狙いが透ける。

「日本の原発汚染水の海洋放出決定に対し、距離的に最も近く、海を共有している韓国の憂慮は非常に強い」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2270文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン