/

この記事は会員限定です

ウイグル問題、電子部品に波及

中国オーフィルム、Appleと取引打ち切りか

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【広州=川上尚志】中国の新疆ウイグル自治区を巡る人権問題の影響が電子部品業界に波及してきた。中国大手の欧菲光集団(オーフィルム)はスマートフォン向けカメラ部品の主力工場を売却。ウイグル問題への関与の疑いが浮上し、大口顧客の米アップルが取引を打ち切ったことが背景とされる。新疆綿の使用を中止する動きが世界のアパレル企業で相次いだが、幅広い業種に影響が広がる可能性がある。

「生産ラインは止まっている。管...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1794文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン