/

中国生産4月9.8%増 輸出・投資が下支え

江蘇省常州市の電動バイクの工場=ロイター

【北京=川手伊織】中国国家統計局が17日発表した2021年4月の主な経済統計によると、工業生産は前年同月を9.8%上回った。設備投資を含む固定資産投資や輸出が下支えし、パソコンなどの生産が好調だった。新型コロナウイルスがまん延する前の19年4月と比べても約14%増えた。

主要産品の生産量をみると、国内外の需要が底堅いパソコンは前年同月比13.5%伸びた。自動化投資が広がり、産業ロボットも43.0%増えた。自動車は半導体不足の懸念が広がるものの、6.8%増となった。

粗鋼は13.4%増と、3月(19.1%)から伸びが鈍った。二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えるため、地方政府が鉄鋼大手に高炉閉鎖や生産削減を指導しているからだ。中国国務院(政府)は5月から粗鋼の輸入関税をゼロにし、外国製品の調達を増やす。粗鋼の国内生産が伸び悩む可能性もある。

1~4月の固定資産投資は前年同期比19.9%増えた。このうち民間投資は21.0%、国有企業を主体とするインフラ投資は18.4%それぞれ拡大した。マンション建設などの不動産開発投資は21.6%のプラスだった。

百貨店やスーパー、電子商取引(EC)などの売上高を合計した4月の社会消費品小売総額(小売売上高)は前年同月比17.7%増えた。昨年は新型コロナの感染拡大を防ぐための行動規制が厳しかった。その反動で、飲食店収入は46.4%伸びた。小売売上高は19年4月比でも約9%上回った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン