/

駐中国大使らが習国家主席と面会 信任状を奉呈

垂秀夫駐中国大使(3月18日、天津市)=共同

【北京=羽田野主】中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は14日、北京の人民大会堂で垂秀夫駐中国大使ら29カ国の新任大使と面会した。新任の大使が元首から託された信任状を相手国の元首に手渡しする「信任状の奉呈」を受けた。

中国政府は2019年11月を最後に各国の新任大使による信任状の奉呈式を中断していた。北京市内で新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込んでいると判断して再開したようだ。垂氏は20年11月に着任した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン