/

台湾TSMC、7~9月の売上高1兆6750億円 過去最高

世界的な半導体不足や需給逼迫を受け、好調な業績が続いている=ロイター

【台北=中村裕】半導体生産受託会社(ファウンドリー)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は14日、2021年7~9月期の売上高が前年同期比16%増の4146億台湾㌦(約1兆6750億円)になったと発表した。純利益は14%増の1562億台湾㌦だった。売上高、純利益ともに四半期ベースで過去最高を更新した。

売上高純利益率は37.7%と高水準だった。新型コロナウイルス禍からの経済活動の再開で、半導体の需要が世界で一段と膨らんでおり、利益を大きく押し上げた。半導体不足が長期化しており、需給逼迫から半導体の値上げが進んでいることも奏功した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン