/

この記事は会員限定です

香港、国家教育を全面採用 小1から「国家分裂」学習

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】自由な発想や思考力を養うリベラル教育などで知られた香港の教育環境が激変している。大規模デモと香港国家安全維持法の施行を経て中国式の国家教育を全面的に採用した。子どもに自由な教育を受けさせたいとして、海外移住を検討する親が増えている。

香港は15日、中国が定めた「国家安全教育の日」を迎え、政府主催の啓発イベントが開かれた。2020年6月末の国家安全法の施行後初めてとなるため、政府が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り591文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン