/

シンガポール大手銀UOB、シティの個人部門買収

タイなど4カ国、4150億円で

【シンガポール=中野貴司】シンガポールの大手銀行ユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)は14日、米金融大手シティグループの東南アジア4カ国の個人向け金融事業を買収すると発表した。買収額は49億シンガポールドル(約4150億円)。200万人を超えるシティの4カ国の顧客基盤を加え、シンガポール以外の東南アジア主要国の収益割合を引き上げる。

買収対象はシティのタイ、マレーシア、インドネシア、ベトナムの4カ国の預金・貸出、クレジットカード、資産運用など全ての個人向け金融事業。資産価値は約40億シンガポールドルで、2割超のプレミアム(上乗せ幅)を乗せて買収する。UOBの4カ国の個人顧客約290万人に、シティの個人顧客240万人が加わり、顧客数は倍近くに増える。UOBのウィー・イーチョン最高経営責任者(CEO)は14日の記者会見で「顧客の重複は非常に少なく、相乗効果は大きい」と強調した。

シティは4カ国でクレジットカードの発行や無担保ローンに強みを持つ。買収後のUOBのクレジットカード発行数はマレーシア、タイ、インドネシアの3カ国で5位以内に浮上する。UOBは買収後に、金融商品の併売を進めるなどして、預かり資産を増やしていく計画だ。シティの4カ国の個人部門の従業員約5千人も引き継ぐ。

買収によって、UOBの4カ国の収入は年間10億シンガポールドル上積みされ、グループ全体でみても1割の増収効果が見込めるという。今後各国の当局に買収の認可を申請し、最も遅いベトナムでも24年初頭までに買収が完了する予定だ。

シティは21年4月、今回売却で合意した4カ国を含む13カ国・地域の個人向け金融事業から撤退すると発表していた。このうちフィリピンの事業については、21年12月にフィリピンの大手銀ユニオンバンクに売却することで合意した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン