/

NZ、金利0.25%に据え置き 「必要なら利下げも」

NZ準備銀は金利を過去最低の0.25%に据え置く(準備銀のオア総裁)=AP

【シドニー=松本史】ニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)は14日、政策金利を過去最低の0.25%に据え置くと発表した。中銀は声明で原油価格の上昇や世界的なサプライチェーン(供給網)断絶などに言及、「短期的な物価上昇圧力があるが、中期的にみると金融(緩和による景気)刺激策がなければ、物価上昇率と雇用は政策目標を下回るだろう」との見方を示した。そのうえで「必要ならば利下げする準備がある」と述べた。

NZは厳しい外出規制などにより新型コロナウイルスを早期に封じ込めた。2020年7~9月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)は前期比13.9%と大きく回復したが、10~12月期は同1%減となった。中銀は今後の経済見通しについて「不確実性が高い」とした。

歴史的な低金利を受け、足元で住宅価格が上昇している。政府は3月に投資家を対象とする税控除の廃止など複数の対策を発表した。中銀は「政策がどの程度の影響を及ぼすか、評価には時間がかかる」と述べるにとどめた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン