/

「インドのバフェット」ジュンジュンワラ氏死去

(更新)

【ムンバイ=花田亮輔】インドの著名投資家であるラケシュ・ジュンジュンワラ氏が14日、死去した。インドメディアが報じた。62歳だった。同氏は株式投資によって58億ドル(約7700億円)程度とされる巨額の富を築き、「インドのウォーレン・バフェット」と呼ばれていた。

地元メディアによると、ジュンジュンワラ氏は5000ルピー(約8400円)を元手に、同国財閥タタ・グループの企業への投資などで成功したという。直近も新興の格安航空会社(LCC)「アカサ・エア」などへの投資で注目を集めていた。

モディ首相は14日、ツイッターに「生命力や機知、洞察力にあふれた彼は金融業界に忘れがたき貢献を残した」と追悼のメッセージを投稿した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン