/

この記事は会員限定です

中国の新築住宅 値下がり都市増加、5年ぶり水準

[有料会員限定]

【北京=川手伊織】中国国家統計局が14日発表した11月の主要70都市の新築住宅価格動向によると、前月より価格が下落した都市の数は28都市と、10月と比べて9都市増えた。2015年10月以来、約5年ぶりの多さだ。大都市の不動産バブルを警戒する当局の価格抑制策が効いたほか、在庫がだぶつく地方都市で価格が下落したとみられる。

70都市のうち、前月比で上昇したのは36都市で、10月より9都市減った。横ばい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン