/

この記事は会員限定です

[FT]世界のスマートシティ支える中国製機器に脅威論(上)

中国製監視カメラに依存したハイテク都市は「安全」なのか

[有料会員限定]
Financial Times

セルビアの首都ベオグラードで文化と社交の中心として親しまれる共和国広場。カフェが立ち並び、国立博物館と国立劇場が隣接している。

この歴史と文化の香り高い一角が、今、国際的な論争の舞台になっている。その争点は、中国によるIT(情報技術)技術、全体主義的な監視システム、サイバーセキュリティーの対外輸出だ。

共和国広場は現在、中国製の装置によって常時監視下にある。中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3726文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン