/

この記事は会員限定です

中国SMICの1~3月期、純利益2.5倍 米規制も業績好調

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国の半導体受託生産最大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)は13日、2021年1~3月期の純利益は前年同期実績の約2.5倍の1億5800万ドル(約170億円)だったと発表した。半導体の旺盛な需要を受けて、米国の制裁の影響は顕在化していない。

SMICの共同最高経営責任者(CEO)を務める趙海軍氏と梁孟松氏は決算発表文で「上半期の業績は従来の予想を超えるだろう。成熟した領域の(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り354文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン