/

「油のムダ遣い」日米仏豪の共同訓練を批判、中国外務省

 記者会見する中国外務省の華春瑩報道局長=北京(共同)

【北京=羽田野主】中国外務省の華春瑩報道局長は13日の記者会見で、日米仏豪の共同訓練を「油のムダ遣いにすぎない」と批判した。「いつも中国を口実に軍事行動を強化している」と述べ、反対すると強調した。

中国共産党系メディアの環球時報は13日付の1面トップ記事で「日本が仏米豪を巻き込み対中で強硬な姿勢をみせている」と指摘する記事を掲載した。社説では中国近海で中国人民解放軍の武装力は米国とその同盟国を「圧倒している」と主張した。

日米仏豪は4カ国の艦艇を東シナ海に集めて、離島防衛を想定した共同訓練を実施している。台湾や沖縄県の尖閣諸島周辺で活発な活動を続ける中国を意識し、太平洋地域から欧州まで幅広い結束を印象づけるねらいがある。華局長は「4カ国の軍事訓練で中国を脅かすことができると思っているのか」と批判した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン