/

この記事は会員限定です

テンセント、短編動画に本腰 制作者への資金支援も

[有料会員限定]

この1年、タテ型ショートドラマが複数の動画プラットフォームで存在感を増してきた。多くのショートドラマは1話が2分以内と短く、恋愛ものや時代もの、タイムトラベルものなどが主流だ。長編動画プラットフォームの「愛奇芸(iQIYI)」「優酷(Youku)」「騰訊視頻(テンセントビデオ)」のほか、ショート動画アプリの「抖音(Douyin、TikTok本国版)」や「快手(Kuaishou、海外版は『Kwai』...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1475文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞社は、中国をはじめアジアの新興企業の情報に強みをもつスタートアップ情報サイト「36Kr」を運営する36Krホールディングスに出資しています。 このコラムでは同サイトが発行するスタートアップやテクノロジーに関する日本語記事を日経電子版に週2回掲載し、中国における最新の技術発展を追いながら中国の経済成長動向や今後の見通しについてお伝えします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン