/

この記事は会員限定です

フィリピンが車にセーフガード 首位トヨタなどに打撃

[有料会員限定]

【マニラ=遠藤淳、バンコク=村松洋兵】フィリピン政府が自動車にセーフガード(緊急輸入制限)を発動する。新車販売の7割超に達した輸入車のさらなる増加を抑制し、国内生産を後押しする狙いだ。日本勢を中心とする自動車業界は「市場を冷え込ませるだけだ」と反発している。自由貿易体制を前提に築き上げた域内の分業体制にも影を落としかねない。

フィリピンのロペス貿易産業相が4日にセーフガード発動を表明した。声明で「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1507文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン