/

この記事は会員限定です

培養エビで自然の海を守る

シオック・ミーツCEO サンディヤ・シュリラム

[有料会員限定]

甲殻類の培養肉開発を手がけるシオック・ミーツを創業したばかりだった2018年、サンディヤ・シュリラム(35)は毎朝、シンガポールのマリーナ・サウス地区の埠頭から小型フェリーで6.5キロメートル離れたセントジョンズ島に渡った。「当初は誰の支援も得られず、本島では研究開発に必須の施設や用具を確保できなかった」。やむを得ず、セントジョンズ島にある大学の海洋研究施設を間借りし、エビから幹細胞を分離する作業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2292文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

Game Changer

斬新な発想で地球規模の問題解決やビジネス創造に挑むリーダーらを取り上げます。1980年代以降に生まれたミレニアル世代、それに続くZ世代の旗手を国内外で取材。社会に変革を起こす挑戦者たちの世界観に迫ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン