/

この記事は会員限定です

アリババ、スタートアップ投資額半減 アント上場延期後

「経済圏」曲がり角、成長減速も

[有料会員限定]

【上海=張勇祥】中国・アリババ集団のスタートアップ投資が急減速している。傘下の金融会社アント・グループが上場延期に追い込まれた2020年11月以降、投資額は前年同期比で半減した。習近平(シー・ジンピン)指導部が警戒を強めたことが響いた。有望な新興企業をいち早く自社に取り込み、市場の支配力を高める「アリババ経済圏」は曲がり角にある。

「今回は目立たないようにしたい」。20年末、自動運転技術を開発する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1614文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン