/

この記事は会員限定です

[FT]馬氏が公的な場から姿を消した意味

中国政府と関係修復画策か

(更新) [有料会員限定]
Financial Times

中国アリババ集団の創業者、馬雲(ジャック・マー)氏は2020年10月24日、上海で開かれた金融フォーラムで講演した際、中国の金融規制当局を批判し、国有銀行には「質屋の考え方」が残るなどとこき下ろした。馬氏に破滅的ともいえる事態をもたらすことになったこの講演には特筆すべき点が多くあるが、中でも次の3点が際立つ。

第1は、馬氏は紙に書いてある原稿を読みながら批判を展開したことだ。第2はこの発言以降、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2843文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン