/

この記事は会員限定です

中国、名門校を「強制移転」 ゴーストタウン解消へ奇手

21年1~3月GDP18.3%増 内モンゴル自治区ルポ

(更新) [有料会員限定]

中国の1~3月の経済成長率は前年同期比18.3%増と過去最高だった。原動力の一つが堅調なマンション投資だ。今後は売れ残りが懸念されるが、かつて「ゴーストタウン」と呼ばれた街がマンションを売り切ったという。何があったのか。内モンゴル自治区オルドス市を訪ねた。

市内の空港から北へ20キロメートルほど車を走らせると、カンバシ地区に着いた。石炭産業のバブル景気が終わった2012年以降、新築マンションの多く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン