/

中国、3月の輸出30.6%増 米向け伸びコロナ前上回る

中国広西チワン族自治区の港に積まれたコンテナ(1月)=新華社・共同

【北京=川手伊織】中国税関総署が13日発表した2021年3月の貿易統計(ドル建て)によると、輸出は前年同月比30.6%増の2411億ドル(約26兆円)だった。20年10月以降、2桁以上の伸びが続いている。雇用改善など景気が回復する米国向けがけん引した。新型コロナウイルスで工場稼働率が落ちた昨年の反動も伸び率を押し上げた。

輸入は2273億ドルで38.1%増えた。輸出から輸入を差し引いた貿易収支は31%減の138億ドルの黒字となった。新型コロナがまん延する前の19年3月と比べても、輸出は21%、輸入は37%それぞれ増えた。

品目別に輸出の伸びをみると、新型コロナ関連の出荷が引き続き堅調だった。マスクを含む織物は前年同月比8%伸び、在宅勤務などリモート需要が底堅いパソコンも5割近く増えた。玩具や衣類など労働集約型の製品も好調だった。

地域別でみても、主要国・地域向けは軒並み増えた。全体の2割弱を占める最大の輸出先である米国向けや欧州連合(EU)向けが5割前後伸びた。東南アジア諸国連合(ASEAN)向けは14%、日本向けは8%増えた。

輸入は、最大品目である半導体が50%増えた。原油は中国の景気回復を反映し数量ベースで21%増加したほか、国際商品市況の持ち直しをうけ、金額ベースも33%伸びた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン