/

この記事は会員限定です

「台湾」の呼称は様々、蔡氏演説にみえる対中強硬姿勢

[有料会員限定]

世間一般に広く使われる「台湾」という呼び名。だが使い方を間違えると、外交問題にもなりかねない。台湾には「中華民国」といった別名もあり、「台湾」との違い、解釈はやや複雑だ。だが、対立する中国との間で、台湾がどちらの言葉を使ったのかなどに注目すると、中台関係の深い理解にも役立つ。

台湾は今でも、中華民国を正式名称とする。だが、世界の多くは認めておらず、台湾の呼称が浸透している。きっかけは1971年。国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1233文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン