/

この記事は会員限定です

フン・セン外交に反発 定例外相会議開けず 

議長国カンボジア、ミャンマー国軍寄り姿勢に

[有料会員限定]

【ハノイ=大西智也】2022年の東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国を務めるカンボジアのフン・セン首相のミャンマー問題への対応を巡り、定例の外相会議を開けない異例の事態となっている。クーデターを起こしたミャンマー国軍へのフン・セン氏の融和姿勢が原因で、加盟国間の対立や分断を深める恐れがある。

シンガポールのリー・シェンロン首相は14日、フン・セン氏とオンラインで協議した。21年4月のミャンマー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン