/

この記事は会員限定です

フィリピン大統領選のポイントは 南シナ海情勢にも影響

世論調査はマルコス氏先行 現職ドゥテルテ氏、後任指名せず

[有料会員限定]

【マニラ=志賀優一】フィリピンで5月9日、6年に1度の大統領選が実施される。米国とも中国とも関係が深い国だけに、誰が次期大統領になるかによって南シナ海やアジア太平洋地域での安全保障を巡る構図にも大きく影響する。主要候補の顔ぶれや政策について解説する。

6年に1度、再選は認められず

フィリピン大統領選は6年に1度、直接選挙で実施される。大統領に加え、副大統領、上下両院議員、州知事など地方の主要ポ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2802文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン