/

この記事は会員限定です

中国首相人事、習氏側近の上海トップ逆風 コロナで批判

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】中国共産党の高官人事を決める5年に1度の党大会が秋に迫るなか、中国の李克強(リー・クォーチャン)首相の後継レースが混沌としてきた。習近平(シー・ジンピン)総書記(国家主席)の側近で上海市トップの李強氏が有力視されてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大への対応に批判が相次いでいるからだ。

上海市共産党委員会書記の李強氏は、習氏が浙江省トップを務めていたときに秘書長として支えた側近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン