/

この記事は会員限定です

東南ア、21年成長率下振れも インフレやワクチン遅れ

[有料会員限定]

【マニラ=遠藤淳】東南アジア主要6カ国の2020年の実質国内総生産(GDP)が16日までに出そろった。新型コロナウイルスの影響で5カ国が実質でマイナス成長に落ち込んだが、ベトナムは2.91%のプラス成長を確保した。21年は6カ国とも急回復を見込むが、ワクチン接種が遅れれば、いずれも下振れする可能性がある。

各国政府は21年、最大で7%程度の実質プラス成長を目標に掲げる。だが、景気の先行きを占うワク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン