/

この記事は会員限定です

金正恩氏、核・ミサイルを正当化 「極超音速」展示か

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、兵器の展示会が11日に平壌で開幕したと伝えた。開発中の「極超音速型」とみられるミサイルなどを公開し、米国や韓国を威嚇した。金正恩(キム・ジョンウン)総書記は、米韓の敵対政策が地域情勢を不安定にしていると主張し、核・ミサイル開発の正当化に注力した。

10月10日は朝鮮労働党の創建記念日だった。75周年だった2020年は大規模な軍事パレードを催して武力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り754文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン