/

この記事は会員限定です

中国、ネット統制強化、摘発2割増

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国政府はネット情報の統制を強化する。約20年ぶりに違法の内容や罰金を定めた規制を全面改正し、デマ発信に最高100万元(約1600万円)の罰金を科すなどの内容を盛り込む。昨年のネット摘発件数は前年比で2割近く増えており、新型コロナウイルスの感染再拡大などを受けて世論の安定を狙う。

中国当局は8日、ネット情報の法律責任などを定めた規則「インターネット情報サービス管理弁法」の改正草...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り852文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン