/

この記事は会員限定です

習氏、党大会へ権力固め 首相人事・北京五輪が焦点

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】中国共産党の最高指導部を決める党大会は1年後に迫る。3期目入りを固めた習近平(シー・ジンピン)総書記(国家主席)は、次期指導部の発足をにらんだ体制固めと2022年2月開幕の北京冬季五輪の円滑な開催が課題になる。

11日閉幕した党の第19期中央委員会第6回全体会議(6中全会)で後継候補選びを見送った習氏は、これから側近の引き上げに動くとの観測が強まっている。

香港紙、明報は習氏の側...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り842文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン