/

この記事は会員限定です

中国の半導体メモリー大手、21年に生産倍増計画 紫光系

[有料会員限定]

【台北=鄭婷方、黎子荷】中国半導体大手、紫光集団傘下の長江存儲科技(長江メモリー・テクノロジーズ、YMTC)が2021年に半導体メモリーの生産量を2倍にするほか、韓国サムスン電子など世界大手に匹敵する先進的な半導体の生産も始めることを目指していることが12日までに分かった。実現すれば、半導体のサプライチェーン(供給網)の内製化を目指す目標に向けて中国が前進することになる。

関係者によると、YMTC...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り487文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン