/

この記事は会員限定です

中国、賃貸住宅整備にカジ 止まらない不動産高騰

[有料会員限定]

中国政府が分譲物件に偏重していた住宅市場のバランス改善に動き出した。都市部を中心に住宅価格が高騰し、必要な労働力を維持できない懸念がでているためで、政府主導で割安な賃貸住宅の供給に動く。国民の「持ち家志向」が不動産市場の成長を支えてきたが、持つ者と持たざる者の格差は無視できなくなっている。

「保証的な賃貸住宅の建設を重視する」。中国共産党は2020年12月中旬、経済分野の最重要会議、中央経済工作会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り838文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン