/

この記事は会員限定です

[FT]SPAC、個人投資家の比率上昇 議決が困難に

[有料会員限定]
Financial Times

「ブランクチェック(白紙小切手)」企業とも呼ばれる特別買収目的会社(SPAC)の間では、買収が頓挫するリスクに直面するケースが増えてきている。業界関係者によれば、株主総会に出席する個人投資家が定数に満たず、重要な決議に関する株主投票を延期せざるを得ないのだという。

SPACは今ウォール街で最も話題の資産クラスであり、一般投資家の間でも人気が高まった結果、このような予期せぬ問題が生じた。SPACの出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2102文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン