/

豪、WTOにパネル設置要請へ 中国の大麦追加関税巡り

オーストラリアのテハン貿易・観光・投資相は「懸念が解消されない」と指摘した=AAP

【アデレード=松本史】オーストラリアのテハン貿易・観光・投資相は15日、中国が豪州産の大麦に課した追加関税は不当だとして、世界貿易機関(WTO)に紛争処理小委員会(パネル)の設置を求める方針を明らかにした。豪州は2020年12月に中国をWTOに提訴し、2国間で協議したが、折り合えなかった。

WTOのパネルは裁判の「一審」に当たる。紛争処理機関の会合で認められればパネルが設置され審理に入る。テハン氏は声明で「(提訴以降、豪中)双方が建設的に関与したが、協議で我々の懸念は解消されなかった」と説明した。

豪州が20年4月、新型コロナウイルスの発生源に関し、独立した調査を求めたことに中国は反発し、両国関係の悪化が始まった。中国は同年5月、豪州産の大麦に80%超の追加関税を課した。その後、豪州産の食肉の輸入を一部停止し、ワインにも反ダンピング措置を導入した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン