/

EU、ロシア産エネルギーから依存脱却で合意 27年まで 

(更新)

【ベルサイユ=竹内康雄】欧州連合(EU)は10~11日に開いた首脳会議で、足元で多くを輸入するロシア産化石燃料から自立することで合意した。EUのフォンデアライエン欧州委員長は11日、首脳会議後の記者会見で2027年までの依存脱却を目指し、5月までに具体策を提案すると発表した。

ロシアによるウクライナ侵攻を受けエネルギー調達の見直しが不可避と判断した。

首脳会議の合意文書には「できるだけ早くロシアのガス、石油、石炭への依存を段階的に解消する」と明記した。液化天然ガス(LNG)など調達先の多様化を急ぐ一方、化石燃料そのものの利用減に努める方針を示した。

フォンデアライエン氏は「早期にロシア依存から脱却することが重要だ」と力説した。

国際エネルギー機関(IEA)によると、EUは21年、ロシアから1550億立方㍍の天然ガスを輸入した。EUのガス輸入の約45%にのぼる。ドイツやイタリアなどはロシア産のエネルギーへの依存度が高く、慎重な加盟国もある。早期実現をめぐってはなお曲折がありそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン