/

香港の枢機卿ら国安法違反容疑で逮捕 「外国勢力と結託」

think!多様な観点からニュースを考える

【香港=木原雄士】香港警察の国家安全部門は11日、カトリック香港教区元司教の陳日君・枢機卿や歌手の何韻詩(デニス・ホー)氏を香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で逮捕した。主要な香港メディアが報じた。デモ参加者を支援する基金の運営をめぐり、外国勢力と結託した疑いがもたれている。

報道によると、逮捕されたのは陳氏と何氏のほか、元立法会(議会)議員の呉靄儀氏と学者の許宝強氏。許氏は10日、香港国際空港でドイツに向けて出国する直前に逮捕された。4人は2019年の抗議活動で逮捕された若者らを支援する基金の運営に携わっていた。

陳氏は民主化運動の支持者として知られ、中国国内の宗教弾圧にも警鐘を鳴らしていた。英人権団体の香港ウオッチは逮捕を受けて「北京が香港で基本的権利や自由に対する取り締まりを強めている」と非難する声明を出した。

香港政府によると、3月末までに国安法違反容疑で175人が逮捕され、112人が起訴された。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン