/

金正恩氏が「極超音速ミサイル」視察 朝鮮中央通信

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、兵器開発機関の国防科学院が、音速の5倍以上の速さで飛ぶ「極超音速ミサイル」の発射実験を11日に実施し、金正恩(キム・ジョンウン)総書記が視察したと報じた。切り離された弾頭部が上昇、旋回しながら1000キロメートル先の標的に命中し、実験は成功したと伝えた。

北朝鮮が「極超音速型」と主張するミサイルを発射したのは、2021年9月と今月5日に続き3回目。金正恩氏の視察は初めてで「国の戦争抑止力を強化する歴史的偉業だ」と開発の責任者らを激励した。

同通信は発射実験について「極超音速兵器システムの技術的特性を最終的に確証する目的」と伝えた。発射後に切り離された弾頭部は600キロメートル先で再上昇した後、目標方位に向かって240キロメートル旋回機動。「弾頭部の優れた機動能力がはっきりと確証された」と報じた。

北朝鮮は11日午前7時27分ごろ、5日と同じ北部の慈江道(チャガンド)付近から日本海に向けてミサイル1発を発射した。日米韓の当局は弾道ミサイルとの見解を示していた。

韓国軍は飛距離は700キロメートル以上、最大高度は60キロメートルだったと分析。最大速度は音速の10倍前後に達し「5日の弾道ミサイルより進展した」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン