/

この記事は会員限定です

北京証券取引所、81社取引開始 30年ぶり新証取

[有料会員限定]

【上海=土居倫之】北京証券取引所が15日、取引を始めた。上場第1弾は81社だった。革新型中小企業向け市場として、中国の中小企業にリスクマネーを供給する役割を担う。習近平(シー・ジンピン)指導部が目指す質の高い経済発展やハイテク企業の育成を金融面から後押しする。1991年に開業した深圳証券取引所以来、約30年ぶりの証券取引所新設となる。

「中小企業向け金融支援、イノベーション主導の発展、経済の高度化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り924文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン