/

この記事は会員限定です

中国、公務員ら「自首」急増  前年比5割増の1万6000人

権威浸透をアピールか

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】中国で公務員らが汚職を「自首」する例が相次ぐ。2020年には前年比5割増の1万6000人となった。22年の共産党大会をにらみ、習近平(シー・ジンピン)指導部の権威が末端まで浸透しているとアピールする思惑がちらつく。

5月24日、共産党中央規律検査委員会は重慶市で警察や司法などを担当する政法部門の副書記を党から除名し、公職を剝奪すると発表した。職務上の立場を利用して巨額の金品を受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り893文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン