/

この記事は会員限定です

オーストラリア総選挙、野党が支持率で先行 物価争点に

[有料会員限定]

【シドニー=松本史】21日投開票のオーストラリア総選挙が4日後に迫った。世論調査では野党・労働党が支持率で先行する。新型コロナウイルス禍からの経済回復を実績に掲げる与党・保守連合に対し、労働党は物価上昇に見合う賃上げがなされていないと主張し、インフレ対策に焦点をあてる。外交政策は対中警戒姿勢の継続で足並みをそろえている。

豪紙オーストラリアンが14日に報じた直近の世論調査では、二大勢力の支持率は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1262文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン