/

この記事は会員限定です

中国EV、供給過剰の懸念 世界一市場で各社が能力増強

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国の電気自動車(EV)が供給過剰に陥る可能性が出ている。EVを含む新エネルギー車の年産能力は数年内に1500万台規模になる見通しで、年間販売台数予測を大きく超える。世界一の市場を取り込もうと各メーカーが生産増強を競ったためだ。国内工場の稼働率が50%を割る恐れもあり、今後は淘汰・再編が必至となる。

「わずか1日で建設などの許可を得た」。中国国有大手、東風汽車集団の担当者は4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン