/

米で竜巻、70人超死亡か アマゾン倉庫も被害

(更新)

【ニューヨーク=共同】米南部や中西部など6州で10日夜から11日未明にかけて数十個の竜巻が相次いで発生し、多数の死傷者が出た。AP通信によると、南部ケンタッキー州のビシア知事は11日午前の記者会見で、州内の死者が少なくとも70人に上る恐れがあると語った。100人を超える可能性もあるという。非常事態を宣言し、連邦政府に支援を要請した。救助活動は夜が明けてから本格化した。

ビシア氏によると、多数が死亡したとみられるのはケンタッキー州西部メイフィールドにあるろうそく工場で、内部に約110人がいたという。米メディアは建物がほぼ全壊した様子を伝えた。ビシア氏は救助活動のため州兵も動員。一体は広範囲で停電した。

バイデン大統領は「破壊的な竜巻について報告を受けた。各州知事と協力し、生存者の捜索などに必要なものを届ける」とツイッターに投稿した。

竜巻で激しい風が建物の屋根や壁などを吹き飛ばし、雷雨も発生した。米メディアによると、南部テネシー州では3人が死亡。南部アーカンソー州では高齢者施設(86床)が崩壊し、1人が死亡、5人が負傷した。約20人が内部に取り残された。

中西部イリノイ州でも米インターネット通販大手アマゾン・コムの倉庫が一部崩落し、複数の人が死亡、多数が中に取り残された。同ミズーリ州でも建物の崩落で1人が死亡、2人が負傷した。

北米トヨタ「被害確認中」

【ニューヨーク=中山修志】トヨタ自動車は米南部ケンタッキー州に完成車工場を持ち、主力セダン「カムリ」や多目的スポーツ車(SUV)「RAV4」、複数のエンジンを生産している。トヨタ単独の米国工場としては最も古い。工場は竜巻の被害が大きかった地域から離れているが、北米トヨタの広報は「被害の状況について確認中」としている。

自動車メーカーの完成車工場の被害は現時点で明らかになっていないが、ケンタッキー州やイリノイ州には部品工場が点在しており、自動車各社はサプライチェーン(供給網)への影響について精査している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン