/

「金正恩氏が高熱」 妹の与正氏が言及

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長は10日に党と内閣が開いた新型コロナウイルスの会議で、金正恩(キム・ジョンウン)総書記が高熱を出していたことを明かした。新型コロナに感染したのかどうかは不明だ。

金正恩氏が新型コロナへの「勝利宣言」をした10日の非常防疫総括会議で演説した金与正氏は「防疫戦争の日々、高熱にひどく冒されながらも自身が最後まで責任を果たさなければならない人民のことを考え、いっときも横になれなかった元帥様」と言及した。

韓国の聯合ニュースは、金正恩氏が新型コロナ感染が原因の高熱を発した後に回復した可能性があるとの見立てを報じた。韓国の情報機関、国家情報院は5月の国会報告で、金正恩氏がワクチン接種をしていないと推定した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北朝鮮

金正恩(キム・ジョンウン)総書記のもと、ミサイル発射や核開発などをすすめる北朝鮮。日本・アメリカ・韓国との対立など北朝鮮問題に関する最新のニュースをお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン